赤ちゃんへの歌は音痴でもいい?音楽がかけっぱなしとスキンシップ

「子供に歌いかけてやんなさい」

と、実母に言われ、渋々歌い始める・・・?イナダです。

言葉が出てこない子供に対して歌いかけなさいってよく聞くけど、本当に意味あるのでしょうか?親が歌ってあげることにはどんな意味があるのか?知育としての側面はあるのか?納得するまで調べます・・・!

一応効果はあるらしいっす。。。。

くそー納得いかないよママ><

なぜかと言うと、私自身がド音痴というわけではないけれどうまいわけでもなく、誰かに聞かれたらちょっと恥ずかしいっていう気持ちがあるんです。

音外れるけどいいの?こんなお母さんの歌で本当に意味は満足なのかい??

と、聞いてみたけれど・・・親の心子知らず。

という、歌いかけは必要なのかもしれないけれど、親が実際に歌う必要ってあるんだろうか?っていうところについてです。

スポンサーリンク

赤ちゃんに聞かせる歌は音痴ではダメですか?

元彼がもんのっすごい音痴で、始めてカラオケに行ったあと自分の音感が狂った感覚が抜けなくって、直後に音外れを全然しない友達(オタク)を呼び出して再度カラオケボックスに突入したことがあります。

その程度の音感はあるので、たぶん音感も発声もそこまで桁外れに悪い方ではないと・・・思います、多分。

なのですがやっぱり大事な我が子に聞かせる音楽ですから、そりゃぁ正しい音の方がいいんじゃないのー?ってやっぱり思いますよね。

以前聞いたことがあるんですが、NHKのおかあさんといっしょの歌のお姉さんは、とにかく「音を正確に」と言われるらしいです。(うろ覚えだけど)

そういう意味でも、きっと正しいメロディーで歌い聞かせることは大事なことなんだと思うのです。

と思ったのですが、じゃあ逆に歌が下手なのを聞かせているとどんな悪影響があるんだろう?って考えてみました。

得意の逆説。

●子供も音痴になる

●聞いていてストレスになる?なるかな?私はなったよ

●何か悪い物質がry ←そんなばかな

前回調べた中で、言葉の発声に繋がるための刺激という要素は、言葉にメロディーが付いているから赤ちゃんの方から興味を持って言葉に触れ合おうとしてくれるという利点があるのであって、別に音痴でもそれなりに刺激にはなると思うんですよね。

ただ、音痴の子は音痴って言うのはあるみたいです(複雑な影響の末のようなのでココでは割愛)。

聞いていてストレスになるのは本来の旋律を知っているからストレスになるわけなので、乳幼児にはあんまり関係ない話かなーとは思います。

ってことは、音痴な歌を聞かせていたら音痴になる以外にこれと言って特別悪い事ってあんまりないんじゃないのかな・・・?と思ったんです。

まぁ音痴になったらそれはそれで将来カラオケが楽しめなくなるから(笑・そこ?w)、悲しむかもしれませんけれどもw

じゃあ音痴でもいいから親が歌ってあげることに何かいい影響があるのか?って言うと、親のリラックスが子供に通じるっていうのがあるらしいんですよね。

カラオケに行ってストレス発散って言うぐらいなんで、やっぱり歌うのはいいことなんですよ。

それが歌いかけている赤ちゃんの方にも雰囲気として伝わって、嬉しくなったり楽しくなったりするっていう効果があるのだとか。

が。ここで最大の敵が現る!って感じなんですけれど。

音痴の友人、いるんですけどね(※元彼じゃない女友達)

彼女は、自分が音痴であることを理解していて、そのうえで歌うのが苦痛だって言ってたんです。

「だって私の歌下手なのわかってるもん~~」って。

だとしたら母親が自分の音痴を不快だと思いつつ歌っていたら、子供の方もリラックスではなくなるのではないかと。 ※あくまでも私の予想ですw

意味ない!むしろマイナス!

・・・・あれ?親が歌う意味って?

ってことは音楽かけた方がいいんでないの?って思考に行きついちゃったんですよね。

赤ちゃんに音楽をかけっぱなしで聞かせてもいいのかなぁ?

音が無いと作業出来ないタイプの方っていらっしゃると思うのですが、私は逆です。

音があると作業出来ない、人の話し声やBGMですら嫌。不快。

だから音楽かけっぱなしにすることはあんまりありません。

スポンサーリンク

ただ唯一音楽かけていたくなるのはのんびりと料理する時とかですかね。煮物とか。

youtubeで好みのミックスリストを再生しつつ、画面は消して料理していることがあります。

画面を消す理由はテレビを見せない理由と同じです。

だから時々広告が入るぐらいで、CDやラジオをかけているのとほぼ変わらないと思うんですが、これって歌いかけるのとはやっぱり違いますよね。

好きな曲だしメロディーラインが流れるから自分でも歌っていることもあるのですが、これはいいのかなぁ?って。

と思って調べてみたところ、音楽を流し続けることに関して言うと、実はまだその是非は研究されていないみたいです。

ただ、専門家の先生曰く、音楽をかけ続けて聞かせ続けることで音感が良くなったりリズムが上手く取れるようになったりする可能性はあるかも?しれないとのこと。

なんだいいじゃん!やっぱり演奏はプロにお任せした方がええんやん!

って思ったんですが、問題はかけ続ける方?みたいで。

※以下、その専門家の先生の意見であり、まだ科学的な知見があるわけではない話です。

CDやユーチューブで音楽をかけ続けている=音楽があるのが日常という状態になってしまいます。

すると静寂がダメになってしまったり、常態化してしまって音楽に対しての興味が薄れてしまったりと、いいことづくめでもない可能性があるようです。

まーたしかに、美味しい物は時々食べるから美味しいのであって、毎日焼肉食べてたら飽きますもんねぇ(そういうことか?w

なのでずーっとずーっとずーーーーーっと音楽をかけっぱなしというのは、どれだけプロの良い演奏であったとしても、良い効果を100%吸収できるわけではない「可能性がある」のかも・・・?!ぐらいに思っておいた方がいいのかもしれないなと感じました。

ときどきかけるから「お歌たのしい♪」になってくれるんですね、たぶん。

赤ちゃんに歌うときスキンシップは必要なの?

んじゃあその時々?毎日でもいいけど常態化しない程度の時々(日本語って難しい)の歌にスキンシップを入れる必要性はあるのかないのかっていう話。

いやほら、新生児の時とか歌に合わせて手足を動かしてあげましょうとかってあるじゃないですか。

アレみたいな・・・?そういうのって必要なのかしらと、ふと思ったんです。

上手にも歌えないし、音楽をかけっぱなしではなく、何かの折に歌うのだとしたら、どういう風に子供に聞いてほしいんだろう?⇒ああ、スキンシップ?みたいな。

っていうか私スキンシップもびみょーな方でして。

我が子とはいえそんなにぺっとりしていたくないタイプなんです・・・うーん、とはいえ膝にはよく乗ってくるけど。

我が子だからまぁいいけどね。

って思っていたんですが。

スキンシップって言っても特別に触れ合うとかそういうのじゃなくてもいいみたいです。

っていうか「一緒に歌う」ってのがいいみたい。

って!

まだ歌えないよ( ^ω^)!

しょうがないのでお手てでリズム取ったりして歌うことに心がけるようにし始めました。

スキンシップと言っても特別な何かが必要なのではなく、「たのしい!」と思えるように工夫してあげるという意味でのスキンシップだったようです。

まぁ元を正せば、親が歌ってあげる歌の意味は(詳しくは色々あるけれど)、自分の両親の嬉しそうな雰囲気リラックスした表情や声を赤ちゃんの方が受け取るというのが一番大事みたいですから、言われればまぁそうなのかもなーって感じですね。

最後に

んで。

アニソン歌っていいですかね(キリッ

もうね、私の最大の疑問はそこですよ。

子供の寝かしつけやら、一緒に歌う歌やら、下手くそなりに歌って一緒にお手て叩いたりしてやっていこうかなとは思うようになったんですが、アニソンでいいですかね。

イナダはオタクなんです

こればかりはどうしようもない、変えられない事実なんです・・・!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています
面白かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。