くもんの算数で中学受験は可能?公文の効果と弊害を考えてみた

中学受験の受験勉強の下地として計算力を小学4年生ぐらいまでにはつけておいた方がいいだろうなぁーそのためには公文かそろばんか・・・と考え中のイナダです。

中学受験の時に計算力が無さ過ぎて算数が大変だった自分の経験から、受験勉強が始まる以前の低学年、あるいはさらにその前の幼稚園の段階から何かできるのでは?というかやらないと計算力が上がらないぞ?!と考えてみました。

もちろんそれ以外の手段もあるにはあるんですけど、一般的にはくもんか算盤でしょうねぇ。

baby kumonがあるぐらいなので実は公文は幼児教育もできる、つまり1歳のモジャ子さんはすでに第一歩を踏み出していてもおかしくない・・・!?

早速お勉強への道は開かれているものの、選択するかどうかは親次第です。

先を見据えて、今から中学受験に対して公文という選択をするかどうか?考えてみました。

スポンサーリンク

くもんの算数で中学受験は可能か?

まず、くもんの算数で中学受験は可能かどうか?ということについて。

私自身は公文には通ったことがありません。

しかし小学校の友達で公文に通っていた子が宿題のプリント持ってきていて、試しに解いたことがあります

何でそんなものを学校に持って来てたんだろうね・・・。

あの子、筆跡違うけどその後どうしたんだろうな?(知らんけど)

その時の感覚だけで物申すのも難なのですが、正直言って肩すかしやな~って思ったのを覚えています。

どのレベルの問題を解いたのかまでは覚えていませんが、なんだか計算だけで全然考えるものではなかったんですよね。

もちろん私は計算力が無い方だったので、時間はかかっていたと思います。

本来の持ち主に遅いって言われたぐらいですから・・・って自分でやれよ!!(笑)

まぁ簡単に言うと、公文のプリントって問題の質が全然中学受験とは違うんです。

まるで算数の計算機のツールの部分を特化させるためのものというか、いわゆる『計算力』を上げるためだけのプリントっていう感じがしました。

KUMON 算数 小5・小6

↑見ていただくと、どんな雰囲気なのか分かるかと思います。

一方で、中学受験の試験問題は学校ごとに最寄ますが、本質のところでは『思考力』が試されます。

JS日本の学校>私立中学校の入試過去問題

こちら見ていただければ分かると思いますが、全然公文とは雰囲気が違います。

単純な計算問題など、入試にはほとんど出てこないんです。。。

だから小学生の時に公文のプリントをやらせてもらいながら「公文は受験のための塾じゃないんだな」っていうのは子供ながらに理解していました。

だから(二回目)公文だけで中学受験するのはレベルにもよるのかもしれないけれども、まず不可能だと思います。

公文→脳内計算機能の性能向上

塾→中学受験用解法を身に着ける

この違いを理解したうえで、中受するならちゃんと進学のための塾で解法を習わないと全く太刀打ちができません。

しかし

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか? [ おおた としまさ ]

感想(2件)


こんな本もある通り、公文をやったからと言って受験ができなくなるわけではないんですよね。

確かに公文に通ってから塾に来た子いました。

だから効果が無いわけじゃない、でも公文と塾の違いをはき違えてはいけないと私は考えています。

中学受験への公文の効果

東大生の三人に一人が公文式を本当にやっていたのかはさておき、公文の効果というのは計算の速度が上がることだと思います。まず間違いなく。

前回も言いましたが『数字を見たときに答えが思い浮かぶ』というのは、そうなるまで血の滲むような反復練習が必要です。

頭の中で考えずに数字が出てくるようになるのって相当な努力の証しだと思っています(個人差はあるかもしれませんが私は苦手な方だったので)。

そのため、公文式のように繰り返し同じようなレベルのプリントをやらせてくれる勉強スタイルは計算力を上げるにはもってこいなんでしょう。

同じ塾にいた公文出身の子は、問題を解くのは苦手でしたが計算はめっぽう強かったです。

むしろ中学受験に対する公文の最大の効果ってソレなんじゃないかと。

それ以外だと、うーん・・・勉強をする習慣がつくこと?

スポンサーリンク

確かにいい効果かもしれないけど、計算力アップのための強制力という意味では公文は右に出るものはいないレベルな気がしています。

●計算速度が上がらざる負えないシステム

●勉強の習慣が付くシステム

この2つが公文式が中学受験に役立つメリットだと私は考えます。

中学受験に対する公文の弊害とは

逆に弊害は何なのか?と。

デメリットの方が結構ささやかれていますが、果たして本当なのかなー?という部分は有りますが。

まぁ、公文は色々と言われているのは知っていますが、私としては

『早く解くことを指導されすぎて、じっくり考えられなくなり、ケアレスミスが増える』

これが弊害だと感じます。

それ以外は弊害ではないのか?というと、中学受験に対しては役に立たないが害ではないと考えています。

公文通ってたのに、転塾したら全然算数の点数が取れない!→公文は中学受験にとっては害悪だ!

ではなくて、中学受験にとって意味がないだけ。害じゃない。先ほどの一点を除いては。

本来公文って、速度と正確性が無いと次のレベルに進めないはずなんですよね。

一定時間以下でほぼミスなく正答できなきゃダメのはず。

この点については、別に問題ないというか計算問題のプリントなんだから当たり前だよなって思うんです。

しかし同じスタンスで中学受験の問題を解いてはいけない、というのは大人なら理解は容易かと思います。

だって問題の質が全く違うんだから、素早く解いたらミスしやすくなるに決まっている。

公文式の弊害を問うべきは、その『早く解かないと!』という癖がついてしまう点だと思います。

確かに中受の問題だって早く解けるに越したことはないですよ。そりゃそうだ。

でも見直しする時間も惜しむような癖がついてしまっていてその癖がなかなか抜けないと、点数が取れなくって絶対に算数が嫌になってきてしまう。

そういう癖がつくことが問題なのであって、癖が無ければ全然問題ないと思うのです。

おそらくですが、デメリットの癖がついていない子もいると思うんです。

公文で習ったことは計算力のツールとして利用して、塾ではしっかりと解法を学んで素直に取り組める子。

そういう子は最強だと思うけど、そうじゃない子もいる・・・。

この違いはどこにあるんだろうかって考えていくと、個人差というのが一番大きいとは思うのですが、次いで指導者の力量差というのもあるんじゃないかと思うんですよね。

公文式って教えている方は半数が指導経験が無かった方がやっているので、研修があるとはいえ指導の質は結構バラバラらしいんです。

ガンガン進める先生、じっくり進める先生など、進め方ですら結構差があるのだとか。

私の両親は教育関係者だったので、そこのところが心配で公文の選択をしなかったらしいんですね。

同じマンションの子が公文に通っているのを見て、先生が合っていないのを一発で見抜いていたらしいです。

だからもしかしたら、フランチャイズではない正規店の公文(そんなんあるのかな)でしっかりと学べるのであれば?早く解くことよりも、計算力がただのツールであることを理解して勉強できるのかもしれません。

そしたら最強だと思うんですけどね・・・・。

しかしながら現時点では私自身には指導者のレベルを見極める観察眼の持ち合わせがないので、難しいかなぁと考えています。

最後に

ということで、0歳からできるbaby kumonもあるのですが、私の中ではナシ方向で動いております。

安心できる先生が近場にいるんならば話は別なんですけどね・・・どうせ引っ越すしな~引っ越し先で様子みてみようか・・・。

あるいは公文は教材が市販されているので、自分でやるのも手だと思いますけどね。

はじめてのすうじ (かず・けいさん) [ くもん出版編集部 ]

価格:712円
(2019/9/15 21:18時点)
感想(10件)


百ます計算を小学校から家庭学習でやるのと、どっちがいいんだろうなぁ。

むしろ、自分では絶対に教えられないのがそろばん。

これこそ指導者の質云々じゃなくって、自分では絶対に教えられない奴です。

ちょっとそのあたりも掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加しています
面白かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。